予算一万円以内で楽しめるミラーレス一眼とオールドレンズをご紹介します!

レビュー PENTACON auto 1.8/50mm

ドイツの名門マイヤーの血を受け継ぐ高性能レンズ

PENTACON 50/1.8には主に3種類のバージョンがあり戦前からカールツァイス社最大のライバルとして君臨していたメイヤー社のOreston 1.8/50をベースに開発されています。
第二次世界大戦後に旧ソ連体制下の東ドイツ側に取り込まれた名門マイヤー社は1968年頃に設立されたPENTACON公社に吸収合併されてしまいます。
そこでメイヤー社の設計をベースにして製造されたのがPENTACONシリーズです。
この時期に多くのマイヤーの技術がPENTACONシリーズに受け継がれました。

※初期型の一部にはカール・ツァイス・イエナ社のPancolar 1.8/50をベースにしているモデルも少数ですが存在するようです。

左から順にPENTACON auto 1.8/50 マイヤーOrestonがベース
Pentaflex-Color2.8/50 マイヤーDomiplanがベース
PENTACON auto 2.8/29 マイヤーOrestegonがベース
PENTACON 3.5/30 マイヤーLydithがベース

抜群の性能でありながらコストパフォーマンスに優れたレンズ

名門マイヤーの血を受け継ぐENTACON1.8/50は愛好家からはとても評価の高いモデルですが同じ東ドイツ製で抜群の知名度を誇るカールツァイスイエナの影に隠れて市場価格はそれほど高くありません。

また個性的な外見と予想外な高性能で人気を集めるロシア製レンズのおかげで更に影が薄い存在となっています。
しかし実際に使ってみると3型以降はマルチコートで逆光にも強く、ピントの山も掴みやすいです。
33cmまで寄れる最短撮影距離とF1.8の明るさ、綺麗なボケや濃厚な色のりで非常に使いやすく、オールドレンズ初心者がはじめて絞りやマニュアルフォーカスを覚えるには最適なレンズだと感じました。

F1.8開放ではやや荒く大きくボケますが一段絞るとグッと発色が濃くなりシャープになります。
絞り込んでいくと濃厚な色のりは増していきますがカリカリにシャープになりすぎることはなく柔らかさを残します。
濃厚で柔らかい絵造りがマイヤーの血を受け継ぐ証明となっています。

 

初期型

初期型はメイヤー社のOreston 1.8/50の後期型の銘板がPENTACONに変更されただけのようです。
銘板には由緒正しき※エネルマン・タワーのマークが表記され、絞りリングはOreston同様にゼブラ柄となっています。
クラシカルな外見の初期型を好む人も居るようで中古価格の相場は後期モデルよりも少し高い場合があります。

※ツァイスイコン(ツァイスのカメラ部門)設立時に母体となったエネルマン社の社屋がエネルマン・タワーだった。
エネルマン・タワーはそのままツァイスイコンの社屋となりタワーマークはツァイス製品を表す象徴となった。
その後、ツァイスイコンはPENTACONに統合されてしまいエネルマン・タワーはPENTACON社の社屋となる。
そういった成り行きで初期のPENTACONの製品には誇らしげにエネルマン・タワーのマークが入っているモデルがあるのです。

2型

初期型、2型の絞りは自動絞りですがボタンを押して絞りを有効にする事もできます。
ピン押し機能の無いマウントアダプターでも使用可能ですが、撮影時に必ず押しながらシャッターを切る必要があります。
ピン押し対応のマウントアダプターを使用したほうが無難でしょう。

初期型、2型の絞りはF1.8ーF2-F2.8となっています。
3型ではF2の表示が省略されています。
実際にF1.8とF2では背景のボケは殆ど変化せず中央のピントが引き締まります。
初期型、2型の面白い特徴と言えるでしょう。

3型

3型は製造時期により色々なバージョンが存在します。
右の赤い文字のモデルはM42マウントモデルでは流通量が少ないようです。
最終型では同じくPENTACONに統合されてしまったカールツァイスイエナのTESSA2.8/50最終型と同一のデザインとなります

 

3型の絞りは自動絞り機構ですがオートとマニュアルの切り替えスイッチ付です。
ピン押し機能のないマウントアダプターでも使用可能です。


F1.8


F5.6


F2.8

F1.8開放ではやわらかくボケますが少し絞るとシャープで濃厚な発色になります。

最短撮影距離は33cmでかなり寄れます。

M42マウントのマウントアダプターが必要

ミラーレス一眼への装着にはM42から変換するマウントアダプターが必要となります。

 

PENTACON auto 1.8/50mm 

2型 撮影サンプル

マイクロフォーサーズ

 

PENTACON auto 1.8/50mm

3型 撮影サンプル APS-C

PENTACON auto 1.8/50mm 

3型 撮影サンプル

マイクロフォーサーズ

比較画像 PENTACON auto 1.8/50mm

HELIOS44M 2/58

SMC Super Takumar 55/f1.8

 

 

 

 

カメラ選びとマウントアダプター に戻る

オールドレンズ紹介 に戻る

機種別撮影サンプル に戻る

TOPページ に戻る

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.